2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

2012年2月28日 (火)

梅林へ

昨日の友人の梅の写真に触発されて、どこかキレイな梅を見に行こうと思い立ちました。
近場で行きたかったのですすが、良さそうなところがなく南部町・岩代梅林まで出かけました。
Photo  (歓迎の垂れ幕はあるんですが…)

今年は梅の花が遅いですね。丁度途中のラジオでアナウンサーが「南部町・南部梅林に行ったがさっぱり梅が咲いてなかった。」という話をしていました。でも梅林(梅園)のオープンは今週一杯だしボチボチ行っておかないと閉園されてしまうので今日は適当な日だったんです。
 目的地に着くと、平年なら2万本あるという梅は殆ど満開で梅の花の海のように見えるらしいんですが、今日は山裾では殆ど蕾状態。  ちょっと、イヤ大いに残念と思いながら、観光用梅園を散策しました。
 散策路はそれなりに咲いていて、楽しめました。  写真を続けて掲載します。

Photo_2
   比較的良く咲いている梅園ゾーンです。
Photo_3  結構満開に近い木もありました。

Photo_4  ちょっとアップで撮るのにチャレンジです。

マクロレンズがあれば近付き易いでしょうけど。 ズームを掛けての撮影です。
梅園は観光用ではなく本来は南高梅の生産畑なんです。白梅ばかりで、剪定により低くなってます。散策の路傍には紅梅やピンクの梅も植えていましたが、これは観光用で枝ぶりなどが全く違っています。(枝が上に延びています)
 一面の梅の世界ではなかったですが、それなりに梅の花を楽しめました。
売店で世話している若い人に、「満開は来週以降みたいやけど、その時期は閉園なんてタイミングがおかしいね。」って話し掛けると、「僕ら、地元の青年団ですけど、今年は予想外に開花が遅いですが、来週以降は仕事もあるし園に来ることもできないので」と言ってました。開園時期はかなり早くから予定されてるみたいで、急なアジャストは出来ないらしい。

 梅園のお兄さんに、魚の美味しい店を聞いて、昼食にしようと思って帰路についたが、紹介されたお店は今日は閉まっていた。がっかりしたけど、高速道を止め、国道を海岸沿いに走り、どこか店を見つけようとドライブするがなかなか店がない。やっと見つけた店が、鮮魚の卸店で、一部に喫茶・定食コーナーがある。そこに入り、注文したのが以下。
Photo_5
  イサキ姿造り定食。   アジ干物定食と同じ値段ですけど。
こちらの方がはるかに良かったと思います。
 卸の生簀で泳いでいた魚をそのまま姿造りにするもので、未だピクピク動いているんです。  美味しかったです。  ラッキー!って感じでした。

ところで梅園の売店でお土産に買ったのは、なぜか食パンとサトイモでした。
  (なんでまた、そんなものを~  ですよね)

 

2012年2月13日 (月)

新しい仕事

毎日が日曜日で気楽だったんですが、少々退屈し始めていたところに、私の経験を生かしたアドバイスが欲しい、という話が舞い込んできていました。

 本日業務委嘱契約を交わし、私の方から秘密保持の誓約書を提出することにより新しい仕事が始まりました。

 業務の委嘱元は公益的な財団法人、委嘱される業務は私が知財担当としての経験を積んだ事項でのアドバイザーというものです。

 業務量はかなり少なそうです。私の想像では年に数回程度発生する業務で、どうしても専門性のある判断が必要なときに相談したい、というようなものです。

 何か、高級な(高給とは全く違います!)知的業務での便利屋のおじさん、ってイメージですかね。 私も何にもしないより頭の体操にもなるし、やった方が面白そう、という感じで引き受けました。

 ここ数日は関連書類のチェックを行い、今月末頃には本番書類が届き、その改訂版作成が私の業務となるようです。

 在宅でこなす時間の方が多くなると予測されますが、タマにでもスーツ着て大阪まで出る機会があるってのは、良いですね。

 これを契機に個人コンサルタント事業が起こせるかもしれないし…。(そんなにウマクはいかないですが)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »