2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

2019年7月17日 (水)

オクラ

今年は家庭菜園で初めて「オクラ」を育てています。(私が、ではなくカミさんが、ですけども😃)

で、Photo_20190717000901 花が咲いたのが7月8日 でした。

これが、14日にはPhoto_20190717001901 実が育ってきてました(オクラの”実”って言うんですかね?)

で本日(16日)には、Photo_20190717002101 収穫しました。(1本だけですが…)

そしてこれが、Photo_20190717002201 夕食の食卓に上がりました。

ええっ、私の食卓です。カミさんと1本を分けるのか、と思ってましたがカミさんは気前よく私に1本出してくれました。

今、子どものオクラが大分出来ていますので、2人で食べるのももうすぐです。

なお、今の菜園では、キューリ、トマトは時々食べられるくらいに実を付けています。

あと、Photo_20190717002701 ツルムラサキはカミさんがお浸しか何かで食べるのと、バナナやリンゴと併せてジュースになっています。

アスパラガスは鉢の苗を、Photo_20190717002901 地植えに植え替えて育てています。これは何時になれば収穫できるのでしょうかね。

 

2019年7月16日 (火)

万葉講演会

新聞のイベント紹介で、Photo_20190716114201 こんな記事が有ったので参加申し込みの連絡Telしたのですが、締め切りの1Week以上前でしたが、既に定員オーバーで受付終了とのことでした。

ちょっと残念かな、と思っていたのですが、主催の方から「キャンセルが出たので参加可能となった」との連絡を頂きました。

それなら、ということで参加しました。

会場に行って、Photo_20190716114701 立派な チラシも作っていたことが分かりました。

講師先生のメインの話題は「万葉集の世界へのいざない」で、万葉集入門的な講演だったようですが、「元号 令和」の話題の追加を依頼されたようで、「こんなん話していたら時間が足りなくなる」と言われながら、令和と万葉集特に出典となった巻5の梅花の歌三十二首について話して頂きました。

分かり易く丁寧に解説されました。

本論の万葉集へのいざない部分では、万葉集の概要(成立、構成、時代、表記法、歌人、代表作、…)

などについて、万葉集への愛情が聞く者に伝わってくるほど熱く語ってくれました。

脇道の話題ですが講師の永廣先生、講演前夜のテニス試合(ウィンブルドン 男子決勝戦)を見ていたようで、ファイナルセットの途中まで見ていて、夜中の1時過ぎくらいで最後までみること諦めたようです。

私は最後まで見ました。フェデラー惜しかったです。

でも、月曜日は流石に眠かったです

2019年7月14日 (日)

緑花センターへ蓮の花を撮りに

岩出市にある県の緑花センター、今蓮の花の見頃です。

そして、Photo_20190714131001 今日は早朝開園日。蓮の花が”ポンっ”と音を立てて咲く瞬間が見られたら、との期待を持って出掛けました。 雨も小止み状態で傘無しで園内を歩ける程度でした。

園内に入ると、先ずPhoto_20190714131701 季節の花の花壇を通って蓮の池の方へ進みます。Photo_20190714131801 ここの花もきれいです。

さて蓮の池に着くと、カメラをしっかり構え;Photo_20190714131901 ピンクのハスや、Photo_20190714132001 白い蓮を撮ります。

後は、Photo_20190714132901 ちょっと様子が違っていたり、2_20190714132901 花が連なっていたりなどを色々撮ってみます。

蓮の葉上の水玉Resize2930 は写真で見ると…、別にきれいとも思えないです。残念

  ”露を玉と欺く”という歌が古今集にありますが、この見え方では玉と欺かれないですねえ。

Resize2918 写真をもう少し続けます。Resize2922

Resize2851

因みにカメラはソニーα5100にF20mmの広角の単焦点レンズと、α6400にF50-210mmの望遠ズーム付きの2台を使いました。

どうもカメラ差が分かり難いです。 望遠側は、被写界深度が低いので焦点を合わせた対象以外はぼける傾向は出ているのですが…。

まっ、素人ながら、色々楽しんでます。レンズの焦点距離の基本とかズームレンズと単焦点レンズの特性・使い分けとか、未だ分かっていないです。

蓮以外、Photo_20190714135201 とかPhoto_20190714135202 色々目を楽しませてくれます。

 

 

桃を買いに

桃の季節になりました。

ドライブがてら紀の川市の桃農家さんまで行ってきました。

昨年の台風で被害を受けて、今年は桃の収穫が少ないと聞いていましたが、

桃の売店に桃があまり置いていなかったです。

もっとも、理由として

 行った時間が遅く(17時近く)もう店じまいに入っていた。(この日の分は売り切ってしまった)

 桃の品種により収穫期は異なるので、未だ出していない品種を作っている農家がある。

 出せる桃が作れていない

  などが考えられます。

これまでに買いに行ったことある農家さんの1軒を訪れ、「買い物で留守している」というのを帰るのを待って買った桃が

Photo_20190714102101 これです。

大きさが不揃い、少し表面に傷みがある、などの難点があるということで「家庭用グレード」です。

で、この1箱でいくらでしょう?

   答えは、500円です。 桃山町の「荒川の桃」として有名な桃がこの値段です。

でも農家さんは、「今年は極端に出来が少なくて、家庭用も馴染みのお客さんに限定数量だけ買って貰っている状況」とのこと。

1箱500円で安いから、「もう1箱」というのは堪忍して下さい。と言われました。

贈答用グレードの桃は、何とか品数を確保できているので、それは用意できる、と言われました。この日はブラっとドライブで、贈答での送り先の住所録を持ってなかったので、贈答用は改めて、来る前に電話してから買いにくることにしました。

葡萄を買う別の農家さん(和歌山市)に連絡入れると、「デラウェア」で、今月20日過ぎから販売する。とのこと「巨峰は」8月に入ってになるでしょう。

夏の果物を農家さんに買いに行く季節となりました。

桃は直接行く農家さんが3軒あり、それぞれ品種と時期を考えて買うことになりますね

 

2019年7月12日 (金)

夏が来た? カメラテスト

セミが鳴き、空は青く、雲はモクモク。Photo_20190712233701

そして水面では、Photo_20190712233601 水上スポーツ。 夏が来た! ような感じです。

夏を写しに、…。の積りでPhoto_20190712233901 カメラを用意して出掛けました。

どこへ?Photo_20190712234001 自転車と歩きの運動も兼ねて、和歌浦天満宮から高津子山へと行ってきました。

上の自撮り写真はスマホを使ってです。

山からは定番のPhoto_20190712234301 和歌浦・片男波・名草山方面と、

つい先日国の史跡に指定された、Photo_20190712234401 水軒堤防方面をパチリとやっておきます。

で「夏っぽい何か」を撮りたかったですが、なかなか難しくて…、目の前にヒラヒラ飛んできた、

Photo_20190712234701 チョウチョウをせっせと追いかけることになりました。

Photo_20190712234801 とかPhoto_20190712234901 こんな感じで。

他に、Photo_20190712235001Photo_20190712235002

それに、Photo_20190712235102Photo_20190712235101 これ。

までいっちゃうと、Photo_20190712235202Photo_20190712235201 これ。

いやあピント合わせが難しいです。飛んでるのにはムチャクチャにシャッターを押したのですが、一枚もまともには写っていなかったです。

フルオートモードでなく、スポーツモードとかシャッタースピードを上げて撮ることが要るんでしょうね。

カメラテストと思って出たのですが、カメラ変えたり、現場で交換レンズを取り換えたり、そんな面倒なことはなかなか出来ないですね。

殆どの写真をα6400に望遠ズームを付けた状態で撮りました。

 

 

 

«カメラテスト 動物撮影