2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

2018年5月21日 (月)

全国万葉協会総会

「総会」(株主総会とは違いますよ)シーズンの多分最後になるかと思いますが、全国万葉協会の総会が20日に奈良市でありました。

Photo 開会を待つ会場。(近鉄奈良駅を出てす具の場所)

会務、会計関係の議案は滞りなく運びました。

総会後は「万葉ハイク」となります。Photo_2 総会場の前でハイキング参加者が集合します。 奈良市内、春日大社、奈良公園、東大寺辺りを歩きます。

Photo_3 奈良公園(飛火野)は奈良市の市街地に広大な芝生地があります。ここから、三笠山(御蓋山)と周辺の山の説明を受けます。

万葉集で「三笠山・三笠の山」、「春日山」を詠んだ歌は沢山あります。

これら万葉歌のいくつかを説明を受け鑑賞し、朗誦も行いました。

近くの春日大社境内に、Photo_4 万葉集の歌ではなく、古事記で詠われている有名な、「大和は 国のまほろば…」の歌碑があります。

 犬養孝先生の揮毫によるものです。この歌碑をここに建立することに関与されて方が、ハイキングのメンバーで同行しており、建立時の裏話・苦労の紹介もありました。

Photo_7 若草山の芝の緑がフレッシュで柔らかい感じでとても気持ち良いものでした。

近くにPhoto_5 手向山八幡宮があります。

菅原道真公の百人一首歌「このたびは 幣も取りあへず手向山 紅葉の錦神のまにまに」の有名な歌がる手向山なんですねえ。 ここには、「官公腰掛石、歌碑」がありました。

あと、三月堂、二月堂を過ぎて、公園内を少し歩くと、万葉歌碑があります。

Photo_6 歌は巻8-1658、光明皇后の作で、

『我が背子と ふたり見ませば いくばくか この降る雪の 嬉しくあらまし』 です。解説を受け、朗誦します。  

なお二月堂の舞台からは奈良市内が良く見晴らせます。大仏殿の屋根もすぐに見えています。

 Photo_8  

東大寺真言院の中にある万葉歌碑は、

Photo_9 歌碑の石が質のせいか、文字が読めないです。歌は、『天皇の 御代栄えむと 東なる 陸奥山に 黄金花咲く (巻18-4097)』で犬養孝先生の揮毫なんですが…。実際に目の前で見ても、字が判別できないくらい劣化しており、写真にしても分からないですよね。

ここで一応団体は解散となります。

東大寺の周りを歩き、Photo_10南大門の大きさ、荘厳さを感じ、Photo_11氷室神社内の万葉歌碑を見て、コース終了となります。(私は氷室神社の万葉歌碑をスキップしてしましました)

比較的早くに終わり帰路につきました。

Photo_12 紀の川鉄橋を越える南海電車の車窓からの1枚です。午後6時45分くらいですが、未だ明るいですね。


















2018年5月20日 (日)

未だジャム、久し振りのノンアルコール

今年はジャム作りがしつこいです。

Photo またカミさんがイチゴを買ってきました。

「作れ」とのお達しです。

で、Photo_2 本年4度目のジャムです。

今回はやや硬めに仕上げました。(加熱時間を長くしました)

もう、加工用イチゴが出回る季節に捉われず、年中ジャム作りを仰せつかるかもしれません。

ところで、”飲み過ぎに注意!”を常に意識しており(意識しているだけ)ますが、”飲み過ぎでない程度の飲み方:日本酒換算で1合程度の量の飲酒”を試みようとするのですが、それが出来ないのですね。 ちょっとヤバイかもですね。(中毒に近付いている)

で、飲酒量を減らしたアルコール摂取が難しいなら、断酒の方がやりやすいかも、と考えました。

Photo_3  ところが、今日の夕食は自家製ギョーザ。ウーン、ビール無しは辛い…。でも頑張ってノンアルコールで我慢、ガマン、です。

多分、私のノンアルコールDayは、半年ぶりくらいでしょう。この間平均して1日2合相当以上のアルコール摂取だったと思われます。  やっぱり反省ですね。

あとオマケの写真です

Photo_4庭のアストロメリア。今年は沢山咲いています。

それと、Photo_5夕闇の紀ノ川。

釣り人の竿の先に電気照明が見えます。














2018年5月14日 (月)

大谷登板試合 京大タテカン

1.大谷

今日(14日)は大谷の登板日。

5時からTV見てました。Photo先頭バッターの打球を3塁がはじいて、記録は強襲ヒット。続くバッターの2ゴロをこれも野手がはじいてゲッツーを取れず。1アウト2塁。嫌な出だしだったが、大谷は動じることなく後続を打ち取る。

その後、ボテボテヒットなどを打たれるけど、危なげなし。三振の山。

    以下三振ショー

Photo_2 これから始まり、

Photo_3どんどん続く

Photo_4

Photo_5


Photo_6 これはバットを振っていないから、速球を見逃しの三振。

Photo_7

 速球、フォーク、スライダー、どんな球種でも三振が取れる。

圧巻の投球です。 試合は投手戦が続く息詰まるものがあるが、5回に味方が1点取ってくれる。(それまでも得点圏にランナーは何度か出していたけどチャンスに凡退で…)相手投手はこれが今季で初失点らしかったです。

6回までで11三振の奪取。7回1アウト後にフォアボールを出したところで球数が100球を超えたこともあり降板。

 これはやばい、と正直思いました。この回は大谷に任せて、と。

危惧したことが当たり、救援投手が打たれて同点に。大谷の勝利投手は飛んで行ったァ~。

ここまで、TV実況を見ていましたが、TVを切っちゃいました。ガックリ。

試合そのものは、9回サヨナラでエンゼルスの勝利。大谷の頑張りが取り敢えずは効果があったということで、良しとしましょう。

2.京大タテカン撤去

ニュースになっていましたね。

ネットから勝手に貰った写真では、

Photo_8   これが京大名物?

条例違反で、Photo_9 大学当局による強制撤去。

Tatekaで、何もなくなりました。

議論は色々あったようです。  (未だ終わらないでしょうね)

私としては、どんな意見を述べればよいか、…分かりません。日和見します。

ただ、半世紀前には、こんなに多くのタテカンは無かったように思います。

また、感心するタテカン(絵の出来栄えとか、風刺・ユーモア、論じている内容の質)が結構見られたように思うのですが、最近は「普通のタテカン」が多くなってたような…。

タテカンのある風景に慣れていて、京大の特徴みたいな感もありましたが、こうやってきれいに撤去された姿をみると、これをしばらく続けたら、その後に”普通の”タテカンを出すと汚く感じるかもです。




 


  


















2018年5月13日 (日)

畑つくり

エンドウマメの収穫が終わり全ての豆を引き抜いていました。

で、今回次の畑作のため、Photo 豆が植わっていた跡を耕して溝をつくります。

Photo_2これに捨てずに置いていた豆莢とヌカを敷いて、さらに市販のPhoto_3 牛糞を肥料として加えます。

そして、Photo_4 土を被せ、畝に作ります。

これで私のお手伝いは終了。 あとは、

Photo_5 カミさんが用意の苗/種を植えます。

今回は苗からの作物で、キューリ、ツルムラサキ、他のようです。

この日は、かつらぎ町までちょっと出掛け、Photo_6道の駅で、昼食を取り、
Photo_7 ポップ広告につられ、生ごま豆腐を買って帰りました。少しお値段高め、かと思いましたが美味しかったです。

あと僅か続きます。

Photo_8 家のソラマメも稔ってきています。

Photo_9 僅かながら収穫して、別に購入したソラマメと合せてビールの友となります。











2018年5月11日 (金)

「○島」の人名

今日のタイトルの記事は写真無しのテキストだけです。

で、本文に入る前に別の件の写真を2枚。

Photo 良く通っている道での本日(11日)の様子。

ネットフェンスがこれほどなぎ倒されるとは! 車、しかも乗用車レベルでなく大型の重量のある車での事故なんでしょうね。なんでこんなことが起きるのか不思議です。

もう一枚は、Photo_2 何を写したかと言いますと、前方の右折車線の幅に注目です。私、このところ交差点と信号システムに興味を持っていまして…。 2輪用の2段停止線が廃止されつつあることについて以前に記事にしました。今回 この右折車線は狭いですよね。こういう右折車線を最近時々見掛けます。どんな基準でこういう車線ができるのでしょう。

さて前置きが長くなりました。「○島」についてです。

「城島」という名前は最近ニュースで出てくると、TOKIOの山口事件に絡んでが多いと思います。 この人物の名前を、本日某放送協会(CM収入が無くても最も裕福な放送局)のアナウンサーが、「シロシマさん」と呼んで(記事を読んで)いました、「エッ」って思いました。

隣でうちのカミさんもちょっと驚いていました。私の聞き違いではなかったようです。

えっ、「ジョウジマ」と違うんか?アナウンサーが言うんだから、それが正しいのかも…。

で、ネットで調べると(ネットが常に正しいとは言えないですが)、どうやら「ジョウシマ」と読むらしいですね。

そういえば、「○島」の名前は、「島」を、「シマ」とも「ジマ」とも読むんですね。

中学時代の同級生で「中島」という苗字は「ナカジマ」でした。その後同じ字で「ナカシマ」と読む友達もいました。「ナカジマ/ナカシマ」の分布について調べた人もあったように思います。

城島も今回TOKIOの人物は「ジョウシマ」のようですが、野球選手だった人物は「ジョウジマ」でしたね。

しかし「シロシマ」はやっぱり間違いですね。なんで某NHKのアナウンサーは間違えてしまったのでしょうねえ?  多分読みにくい漢字、読み間違いしやすい名前なんかは、原稿にカナが振ってるんでしょうけど、城島を間違えるとは思わなかったんでしょう。

  

«またまたイチゴジャム ほか