2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

2017年4月24日 (月)

熊野古道 果無峠越えウォーク

4月20日、タイトルのウォークに行ってきました。行ってから日数が経っていますが
、ブログ記事として報告します。 
万葉の会の仲間が主宰する「熊野古道を歩く会」という、企画への参加でした。
 
Resize3438_2  今回はバスを仕立てて登り口まで行きます。
果無峠というのは、熊野古道・小辺路にあります。
で、小辺路というのは、高野山から熊野(本宮)に至る道で、基本的に紀伊半島の尾根部分を通っており、標高1000m程度の山地が続きます。
鉄道から遠く、アクセスにはバスを使うしかありません。
和歌山駅を7:00に出発。途中のResize3439 熊野本宮大社を出たのが10:00。(ここで少し時間調整しましたが)
和歌山県を抜け、奈良県戸津川村に入ります。
Resize3445 峠への登り口を出発したのは11:00となっていました。  遠いですねえ。
 なお案内の語り部さんの話では、十津川村というのは村としては日本一広い面積を有し、村域が琵琶湖位の広さがある、大きな村ということでした。
 
標識は、 Resize3440_2 こんなものがあります。
結構登りはキツイです。峠までの標高差は700m以上あるようです。
 
実は、これまで良く歩いていた、熊野古道・紀伊路では峠越えと言っても300m程度だったので、なんかその延長で熊野古道は標高的には高くない、歩き易いところ、と思い込んでいました。今回の標高は1000mを超えます。 山登りという感じです。
Resize3446 峠までの 路傍には、三十三観音が置かれています。西国三十三個所にお参りした効果が得られるとか…。
 
峠までの登り道をゆっくり歩きます。Resize3452
ガイドマップ等の標準歩行時間よりもかなりゆっくりです。
三十三観音の番号や、iPadの高度計をチェックしながら、「あと、どれくらい」と励ましながら登ります。
最近低い山しか行ってなかった身には、700m以上の高度差を一気に登るのは少々キツイです。
 
Resize3455 ゆっくりでも着実に進めば、峠には辿り着きます。  ホッ。  この標識ではこの地の標高が1,060mとなっています。 紀伊山地の尾根なんですね。(ここは奈良県ですが)
当初は峠付近で昼食か、と思っていましたが、ゆっくりの行程のため、大分下の方で昼食でした。  いやあ、このペースでは帰りが遅くなるな、と心配になってきました。
 
ところで今回昼食時に大失敗をやらかしてしまいました。
Resize3441 お昼は私として定番の”助六寿司”なんですが、弁当を置いたところが傾いていて、地面に転がり落ちてしまいました。
いなり寿司の方は、汚れを払って食べちゃいましたが…、この巻き寿司はねえ…。
周りの方が気の毒がって、おにぎり等のおすそ分けを申し出てくれました。
 始めは「大丈夫です」、と言ってましたが、好意に甘え、おにぎり1個を貰って足しにしました。
 ウーン、不注意でした。
いつものように、アルミワンカップで日本酒持って行ってましたが、会社OB会の時と違い、誰もアルコール摂取者はいないし、お寿司落として目立っているし、酒は控えてしまいました。
標高的には果無峠が今回ウォークの最高地点ですが、このコースは下りが長いのが特徴で未だ未だシンドさは続きます。
峠から下り方面を眺めると、下り稜線が延々と続くのが分かります。”果てがないくらい遠くまで続いている”というのが、「果無峠」の名前の由来とか。
 
下りとは言え、膝が笑わぬよう気を付けてゆっくり進みます。
Resize3458 途中見晴らしの良いスポットもあります。
夕方5時過ぎ、Resize3460 やっと歩きのゴール(バス道)の見えるところまで下りてきました。  
全員無事に完歩。 良かったです。
熊野古道、和歌山市から遠いところでは、未だ未だ訪れていないコースが一杯あります。
また別のコースでの歩きも行ってみたいです。
適度な疲れもあり、ウォークを楽しめました。
 
 
 
 
 

2017年4月21日 (金)

桜は散っても庭には色んな花が

ブログを小休止している間に、
お花見に行き(お弁当持参で)、その後散る花を惜しみ…。
 
でも未だ、「時は春」ですね。
Resize3409_2 庭には色とりどりに花が咲いています。
カミさんが世話している花も、殆ど勝手に生えてきている花もありますが。
また、Resize3404 マーガレットのように花の名前を知っている花もあれば、Resize3403 名前を知らない花もあります。
以下、4月15日時点での庭の花を表示します。
Resize3401
Resize3419 黄色も白も多分オキザリスだと思います。
Resize3418 (ポピー)
(タンポポ)Resize3421 は勝手に生えています。
他に、
Resize3396 イリスが咲き始めています。
Resize3414 フリージアは今年カミさんが植えたものです。
鑑賞用ではないですが、Resize3407 エンドウも白い花を付けています。(ボチボチ豆の収穫期ともなっていますが)
Resize3416 これも花なんですね。 雑草ですが。
花があり、小鳥がさえずり、春は心が華やぎますね。
 (数日前は、心が華やぐなんて言えないでしたが)
 

2017年4月19日 (水)

(恒例の)イチゴジャム作り

ブログ更新、結構サボッていました。
桜の話題や庭の花など、写真撮ってネタにしようと思っていましたが、記事アップしないままで日にちが経っていました。
今日はイチゴジャム作りを記事とします。
 
イチゴジャム作りはこの数年私の定番作業となっています。
今年もその時期がやってきました。
Resize3425  原料いちごは、ご覧の4パック。イチゴ品種は「さちのか」と「まりひめ」が2パックずつです。
ジャム用には、あまり大粒でないイチゴが出盛りで安くなったところを使います。
今回、カミさんがお店に電話して、「今日はイチゴはいくらですか?」って聞くと、
「今、198円。時間が経って数が少なくなると298円になる」との返事でした。
「4パック取り置いといて」とお願いして、直ぐに買いに出掛けました。
イチゴの値段って、日によって変わるのです。 だいたい、1パックが200円台でジャム用として購入します。
ジャム作りは毎年同じことの繰り返すですが、
Resize3427 イチゴを洗い、ヘタを取り、
鍋に入れ、砂糖をまぶします。Resize3428
私は通常グラニュー糖に上白糖を少し混ぜるのですが、今回上白糖を切らしていてグラニュー糖のみとなりました。  今回の砂糖量はイチゴに対し45%としました。
Resize3432 数時間置いて、砂糖をイチゴになじませます。
あとは、Resize3433 煮詰めます。アク取りは何度も行います。
Resize3435 この間で、容器滅菌はカミさんが担当してくれます。
Resize3436 火を止める直前にレモン果汁を加え、ジャムテストで硬さを確認し、ジャムとなります。
Resize3437 ビン詰め、熱取り、再滅菌で 完成です。
近隣・知人への配布には、未だ別ロットで作ることが必要です。
 
安いイチゴが出ている間に、次を作ることになるでしょう。
 

2017年4月 9日 (日)

夜桜見物

昨日(日曜日→土曜日の間違いでした)はお天気も気分もイマイチで、家に引き籠っていました。
夕食を終え(晩酌も済ませ)、「一日家から一歩も出ないというのもイヤだな」と思い、
ともかく家を出ました。
Resize3362 (お城のライトアップと桜が一部 )
和歌山城が桜の見頃になっているはずで、そこに行きました。
Resize3367 市の橋から城に入ったところの枝垂れ桜3本くらいあり、ライトアップされています。  桜がくっきり浮かび上がりますね。
一番大きな枝垂れ桜は、Resize3370 撮影スポットとして人気があり、グループや個人、それに自撮りの人が絶えません。
Resize3354 ボンボリも満開、下では宴会のグループも複数。 昼間は雨がパラパラだったので宴会はつらかったでしょうが、ともかく雨が止んだので盛り上がっています。
 
 
Resize3357 お城をバックに桜を撮るのは、露出の加減で結構難しいです。Resize3356 花をアップすると露出は合せ易いですね。(バックがお城かどうか分からないですが)
今回は花を見る、撮るだけ、「ダンゴ」の部分は全くなしでした。
帰宅して、お酒を再開していたら、カミさんに「何度も飲むのは止めといたら」とたしなめられたので、その通りだと思いました。 
2度目の家飲みを始めると、お酒を味わうというより、水代りに液体を口に入れる、ように際限なくなってしまうことがあります。
 
気を付けなくちゃ。
 

2017年4月 6日 (木)

ボチボチお花見の季節

例年に比べ遅れていた桜の開花も宣言され、和歌山でもお花見のシーズンとなってきました。 和歌山城も5分くらいは咲いています。
で昨日、近場ですがいつものお散歩の公園と、その先の河西公園の桜の様子を見てきました。
散歩公園では、木によって咲き加減に差がありますが;
この公園で早く咲く種としてResize3338 オオシマザクラが満開に近く咲いていました。
Resize3341 花のクローズアップです。
このオオシマザクラ、緑の葉と白い花が同時に出ますが、私の好きな桜の種類です。
ソメイヨシノは木によってバラバラですが、比較的咲いている方は
Resize3335 こんな感じです。未だ5分までも咲いていないですね。Resize3336 花のアップは、結構きれいですね。
 
なお、このほぼ同じ地点で昨年の同時期、Photo はこんなものでしたから、差は歴然ですね。去年はもう満開を過ぎて散り始めていました。
今年の他の桜では、 Resize3351 ここでは山桜は未だ未だ咲くのが遅そうです。また
Resize3349 サトザクラは元々八重で遅咲きですので、これも未だ未だです。
また河西公園はソメイヨシノが主体で、Resize3344 この程度でした。
 
で、我が家のお花見ですが、カミさんとも相談して 花見の場所は和歌山城ではなく、河西公園とする。
その時期は、来週前半くらい。 で計画します。
最後にお弁当ですが、流石に弁当を作って、という手間は掛けられません。
スーパーの花見弁当はちょっとがっかりした経験もあり、お弁当やさんに注文することになるでしょう。
 ちょっとだけ贅沢しようかな。happy01
お天気も調べておかないといけないですね。
 

«桜の様子、スケート